FC2ブログ

がんばって下さい。大槌町。



ご相談を受けて、大槌町の墓所に行って来ました。

ひとつの山に墓所があり、

見下ろす港町は、東日本大震災で受けた傷跡が今も残っていました。

がれきの山。基礎のコンクリートだけの残った家々のなき跡地。

歳月が経っても、まだ何も進んでいないかのような雑草の緑が、どこか悲しかったです。


私が立つ山のてっぺんの墓地には

パワーショベルやトラックの重機の音だけが響き渡っていました。


目には見えないところで、少しずつ、前には進んでいるのでしょうけれども

2年と数か月経った今、尚、仮説住宅で暮らす多くの方々が

一日も早く生まれ育った町で、笑顔で暮らせるように心から願わずにいられない光景を

目のあたりにした日でした。


DSCN3391.jpg


阪神大震災のあった神戸市から、

分灯された復興の祈りの灯が、大槌町をもとの街並みに

戻ってくれるよう、見守っているようでした。



スポンサーサイト



あじさい。紫陽花。



梅雨時期に似合いますね。紫陽花。

様々な墓所にお邪魔させていただきますが、

当社でも何度もお世話になっております

玉山にある喜雲寺さんの墓所にもありました。

ガクの先に淡いピンク色の可愛らしい紫陽花です。


どこのお寺様でも、境内墓所を歩いていると、

四季折々の花々が見れます。


忙しく、毎日を過ごしている中で

少し、ゆっくりとご先祖様のお墓参りに足を運んでみるのも

気持ちの休息にイイかもしれませんね。


そして、お盆前に足を運んだ事で

お墓の直さなければいけない箇所に気づくかもしれませんね。(*^。^*)


その時はどうぞ、当社に遠慮なくご相談下さいませ。(*^_^*)

無料お見積り致します。






お久しぶり、看板猫。



人間は、暑くなると冷所を求めますが、

猫さまは、暖所を求めるんでしょうね。

日当たりのよい場所、石君(?)の後ろに何か・・・?

DSCN3212.jpg


課長ですね(笑) 

まさに、看板猫。

道行く女子大生が、クスクス笑いながら毎日通ります。

石君を見て(笑)

元祖・看板の余裕でしょうか、

負けてはいられぬというところでしょうか


お盆前、当社も慌ただしい毎日です。

私も、ちょっと、深呼吸しないと
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR